美白を目指すならビタミンC誘導体入りの化粧水 - ビタミンC入り化粧水

美白を目指すならビタミンC誘導体入りの化粧水

紫外線が気になるこれからの季節、普段のケアにも美白を取り入れたいものです。

そんなときにおすすめなのがビタミンC誘導体が入った化粧水です。

お肌にビタミンがいいのは昔から有名な話です。

ビタミンCの化粧水の情報探しをお手伝いします。

そこできゅうりの輪切りやレモンの輪切りを顔にそのまま貼り付けてビタミンを取り込もうとしていた奥様達が昔はいました。
よくマンガのネタに使われていたものです。
ところが、ビタミンCは空気に触れると壊れてしまいますし、皮膚から直接吸収できるビタミン量はほとんどありませんでした。ですから「そのままきゅうりパック」や「そのままレモンスライス」には実は効果は期待できていませんでした。


そこで「皮膚に吸収させるよい方法はないか」と研究開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。

goo ニュースのクチコミ情報を求めています。

そのままでは不安定なビタミンCを、皮膚に吸収しやすい状態にしたものを、化粧水やクリームに配合、効果が出るようにしているのです。

実は、果物がみずみずしく保たれているのはビタミンの働きのおかげなのです。

私たちは「おいしくて栄養がある」と果物を食べていますが、果物、つまり植物は子孫を残すためにビタミンを作り出し、結実させているのです。

人間にとっては栄養であるビタミンですが、果物にとっては形を綺麗に保つために不可欠なものなのです。



ビタミンC誘導体には水溶性のものと油溶性のもの、またその両方の性質があるものがあります。

水溶性のものは主に即効性が期待できますし、油溶性のものはじっくりととどまって効果を発揮します。


化粧水だからといって水溶性のものばかりでなく、油溶性のものも配合されているものはあります。
ビタミン以外に配合されている成分と合わせてチェックし、自分の肌に合ったものを選んでいきましょう。