化粧水に含まれるビタミンC誘導体とは

ビタミンCは非常に強い抗酸化力を持っている成分です。抗酸化力とは、紫外線や物理的ダメージによって発生し、肌細胞を劣化させる活性酸素を抑制する機能のことです。


よってこの成分を化粧水などから摂取することは、肌のコンディションを維持するためにはとても効果的です。


更にコラーゲンの生成に対しても働きかける作用があるので、肌弾力の維持に対しての効果も期待できます。

しかしビタミンCは、そのままでは非常に壊れやすく、浸透率が低いと言う弱点がありました。

ビタミンCの化粧水に関してわかりやすく説明しております。

更に刺激も強いので、人によってはそれが含まれた化粧水などを使用すると、逆に肌トラブルが引き起こされてしまう可能性も考えられていました。

このT-SITEのための情報を提供するサイトです。

そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体と言う成分です。
これは、ビタミンCの弱点をクリアし、低刺激でありながら浸透率に優れ、しかも肌に届きやすい成分です。

現状、ビタミンCとして化粧水などに含まれている成分は、この誘導体としての形であることがほとんどです。

更にこの誘導体には、水溶性、油溶性、混合性の3種類があります。

どれもある程度の効果を期待できるのですが、この中でもっと浸透性に優れているのは混合性です。



これは水溶性と油溶性の性質、どちらも兼ね備えているためです。


混合性は、化粧水は勿論のこと、クリームなどにも含まれていることが多いので、比較的、製品として見つけやすいと言えます。
また誘導体なので刺激面での心配は低いですが、それでもできるだけ低刺激な方が良いと言う人は、油溶性のものを選択すると良いです。